法律はとても大切なものである

日本には様々な法律がありそれによって物事が円滑に行われていますが、それがないと皆バラバラなことをし出して統制が取れずに大変なことになってしまいます。
人は集団で生活していますが秩序がないと皆自分勝手な行動をすることになります。
また例えば刑法がなければ何をしても捕まることがないので、これでは秩序が崩壊してとんでもない事件が多発してしまいます。
法律の目的とはこのように社会秩序を崩壊させないための規範であると言えます。
こういったものがあることによって社会秩序が保たれて安心して日常生活を送ることができるのです。
法がなければ外に出て財布を盗まれても訴えることは出来ませんし、家に強盗に入られても泣き寝入りをするしかないのです。
また大切な人が襲われて怪我をしてもそれを行った相手を罰することが出来なければ、自らその相手に復讐をする人も出てきます。
これでは社会秩序が保たれないのでそのようなことを防ぐために法律は存在するのです。

最新記事