社会規範とルールを守ることについて

人間の数が増えて、社会が複雑につれて必要になるのがルールであり社会規範というものです。
単純に言い換えれば、法律がそれにあたります。
集団のルールともいえる、法律を違反した場合には強制的な制裁が課せられるのです。
違反した内容が、刑事事件だった場合は逮捕され裁判にかけられます。
この場合は加害者と、被害者が存在し両者が事情を聴かれ調べられるのです。
裁判はこの調べたことを、もとにすすめられます。
近年では、インターネットの普及により情報の拡散が早いです。
目立った事件には、世間の注目が集まり裁判の傍聴に多くの人が集まることもあります。
犯罪は憎むべきものであり、防ぐことができるにこしたことはないです。
しかし現実に起きてしまった、事件については隠すよりも知ることのほうが大切になります。
傍聴する目的は、様々な理由があるのでしょうが事件事態を風化させないためにも多くの人が興味を持つのは悪いことではないです。
法律を制定した目的は、多くの人がルールを守ることにより安全に安心して暮らすためなのです。

最新記事