保険業法の目的について、考えてみましょう

 私たちの生活は、様々な経済的なリスクが存在します。
例えば、働き手がなくなってしまった場合の収入減や、生きているにしても病気で入院して働けない状態の収入減や治療費など、様々なものがあります。
 そんな経済的リスクの一部をカバーするサービスが、保険です。
あらかじめ保険を掛けておくことによって、将来において経済的リスクをカバーすることができるのです。
 しかし保険に加入したもののいざとなったら使えないとなると、困りますよね。
そういう事態を防ぐための法律が、「保険業法」です。
保険業法は、保険の契約者と保険対象者等の保護のための法律です。
そのための手段として、保険会社と保険募集行為に対して規制を掛けて制限します。
この法律は主に3つの部分からなり、組織としての保険会社に対して会社法を修正して規制する部分、業務内容を規制する部分、保険募集行為を規制して消費者保護を目的とする部分からなります。
この保険業法によって、将来使える保険に加入して役立てられるように、消費者の利益を保護しているのです。
 

新潟で卒業式などの着付けもしてくれる美容室はこちら
着付けだけではなくアップやヘアメイクなどのお支度もしますので、お気軽にご相談ください。

術式を使って落とす
確かな効果で運気を下げることができます

都内からも運搬が楽な集積場です
八王子インターから5分と近いので、運搬も楽にできます。

東京で周囲に迷惑をかけないよう解体工事します
養生や交通整理といったことも丁寧に行い、工事中の周囲への迷惑を最小限にします。

最新記事

  • 日本には様々な法律がありそれによって物事が円滑に行われていますが、それがないと皆バラバラなことをし出 …

    法律はとても大切なものである

  • 法律は、何のために存在するのかというと、権力というものに、大きく関連します。
    権力は、誰もが平 …

    法律を制定することの目的

  •  国は様々な地方の統合体として存在します。
    それぞれの地方には、その地方独自の要求があります。 …

    地方自治法の目的とは